大好きです

大体のお店で使われる袋がビニール製の袋に変化したこのご時世ですが、私は紙でできている紙袋が大好きです。
買い物をした時に紙袋に入れてくれると、不思議なことに大切なものを中に入れているという感覚になります。
ネギや他の野菜たちも、ビニールの袋に入っているのを想像するより、紙袋に入って抱えて持ってる姿を想像すると、とてもあったかい思いになるから不思議です。
そこで困った私の性分がでてくるのですが、あまりにも大事にしすぎて処分できずに押入れの中にごっそりたまっていたことがあります。
しかし使われないその紙袋たちはホコリにまみれ、かわいそうな状態になっていました。
これではいけないと考えた挙句に、シュレッターで細かくなった紙を入れてリサイクルにだすことを思いついた私は、今度はどの紙袋を使おうかな、と楽しみに使うようになりました。
紙袋は見ていると温かい気持ちになります。
触っていてもいい感触を与えてくれます。
どうしてそう感じるのかは不明なのですが、温かい気持ちになるのはいいことなのでこれからも大事に使っていきたいと思っています。

見直してみては、いかがでしょうか

スーパーなどでエコバッグを持っている人と見回すと、布のものがほとんどです。
さらに、何かを入れる必要が出てくるときのために持っているのは、ビニール袋だったりします。
しかし私は、紙袋に大きなメリットを感じてしまいますね。
まず、布の袋より軽いと言うのがあります。
持ち運ぶことを考えると、これは大きいですよね。
さらに、コンパクトにまとまるので、いざという時の備えとしても、重宝するでしょう。
もうひとつのライバルであるビニール袋には、真似できないことがあります。
それはデザイン性ですね。
様々なカラーや形が存在しているので、その日に合わせてコーディネートすることが出来ます。
ビニール袋の場合、無地か近所のスーパーなんかのロゴが入っているか、地区の指定ゴミ袋の表示があるくらいですからね。
軽くて丈夫でおしゃれですので、これが服やギフトを購入したときに無料でもらえるというのも、本当にありがたいですよね。
紙袋を見直してみてはいかがでしょうか。