使い方

あると役に立つと思い家に置いとくことが多い紙袋すると、どんどん溜まっていき収納するのに困ったことありませんか?使用しようと思った時に汚れていたら使用できなくなりますよね紙袋を収納するにはファイルケースやボックスを使用することによって収納できるんです紙袋の使い方には様々あると思います車で買い物に行った時にエコバッグを忘れてしまった紙袋を車の中に常備していれば代わりになりますよね最近の紙袋は高級感のものもあって持ち歩くだけでも品がいいってのもあり簡単なバッグにもカバンの中に入れとくと弁当の汁や水筒の水滴がついてこの鞄高かったのにとなった方も大勢いるかもしれませんそういう時に紙袋を使用するとお弁当や水筒を入れて持ち運びしても大丈夫ですそんなことになっても他の紙袋に代えるだけでいいんですまた、高級感がある紙袋は相手にお礼をする際の入れ物にもなるんですスーパーの袋で渡されるよりもイイ物貰ったという感じになるでしょうあなたも紙袋を有効に使用してみてはいかがでしょうか

お店で貰った袋の使い道

買い物をしたとき、お店によっては品物を入れる袋を紙袋かビニール袋のとちらかに選べることがあります。
そんなとき、私が選ぶのは毎回紙袋です。
雨が降っている日はビニールを選ぶこともありますが、紙袋にビニールをしてもらえる場合は断然紙袋を選ぶようにしています。
なぜ紙袋を選ぶのかというと、ビニール袋よりも紙袋のほうが紙ごみを入れる袋として利用したり、おすそわけをするのにりんごや野菜などを紙袋に入れて持っていったり、子供が遊びに行くお宅へお菓子を渡すときなどに使えるからです。
取っ手もビニールではなく紙でできているほうが紙ごみを入れる袋にはしやすいので、紙ごみ用の紙袋は他のものと別にして収納し、ゴミを捨てた後すぐにゴミ場後に新しい紙ごみ袋としてセットできるようにしています。
本屋さんでもらう紙袋が一番使いやすい大きさと強度なので、一番重宝するし使いやすくて好きです。
電気屋さんでもらう袋は大きすぎて意外と使い道がなく、貯まっていったりするので、定期的に処分するようにしています。
お菓子屋さんなどでもらう小さい紙袋は子供がプレゼントを入れたりちょっとしたお菓子を入れてお友達の家に持って行ったりするので、取っておくようにしています。